fc2ブログ

何でも元の形状のまま使おうという根性を見習ったほうがいいのか。

義母が地下室に保存していたほとんど新品の
プラスチック製ベッドテーブルを使っていた。
ベッドで使うのではなく、
絨毯の上に置いて、その前で座って作業をするのが好きなんだ。
DSC01520.jpg

JINKEBIN ペン立て ノートパソコンのベッドテーブルプラスチック製折り畳み式携帯立ちデスクノートブックトレー階キッズ(グレー) 机上用品 文具 小物収納

新品価格
¥7,715から
(2022/1/24 18:21時点)



脚を折りたたむことができるので、
収納も簡単だった。
先週、いつものように脚をパタンと閉じたら、
パチンと音がして、回転部分が割れた。

下は正常な部分。
DSC01519.jpg
上手く撮影できず、
イライラしてこれを撮影。
DSC01518.jpg
要するに、もう、
テーブルとして使うのは無理だと判断。
だが、義母の持ち物だったので、
一応、義両親たちに見せて、
修復可能かどうかを尋ねた。

義父がしばらくいじくりまわした後、
修繕できないと言った。
「では、トレーとして使いましょう」
使い物にならない脚の部分を
取り去ってしまえばもっと軽くなって使いやすい。
これを言ったら義母が猛反対した。

その瞬間、ここの人たちの生活体力が
日本人のそれと盛大に違うことを思い出した。
彼らに小型軽量に価値を見出すことを強要できない。
でも、そのトレーとなるこれを使うのは私だけだ。
義母の反対に反対する意見を言うのが
だんだん得意になってきている私だ。
「脚を取ったほうが軽いでしょう」
彼らには理解不能なこの考え方を
主張してみたら、義母はあっさり
「好きにしなさい」
と答えた。

ここで意見が合わないときは、
とにかく何でも言ってみることが大切だ。
たとえ納得しなくても、受け入れてくれることも多い。

こんな対話を毎日していると、
日本へ戻っての生活は難しくなるだろうなぁ。
ここで生まれ育った見た目の違うドイツ人だったら
「ああ、ガイジンは違うから」
と日本の日本人もあきらめるだろうが、
単に外国生活が長かった日本人が
日本でドイツ風のやり方をうっかりしてしまっても、
全く受け入れられないことは明らかだ。

10年以上使っている旅行用湯沸かし器。
りす部屋専用で、私しか使っていない。
二年ほど前、ふた部分の
開閉が難しくなってきたので、
義父に頼んできれいに取り外してもらったんだ。
DSC01543.jpg
そばにいた義母は大反対していたのを思い出す。
使いづらく、取ったほうが手入れもしやすい
と何度も言ったが彼女はなかなか納得しなかった。
義父は私の言うことを認めてくれ、
取り外してくれた。
以後、内部の手入れもきちんとできるようになって
いまだに愛用している。

miyoshi co.,ltd MCO 折りたためるトラベルケトル 500ml 電圧切替式 ホワイト MBE-TK02/WH

新品価格
¥2,278から
(2022/1/24 18:46時点)



↑この折り畳み式、いいなぁ。もう、愛用品があるのだからこれ以上
手に入れるのはいけない、って思うのだが欲しくなってしまう・・・


義母は何でも私のやることに反対する。
まずは、反論してみるのが会話のルール、
としているのだろう。
何かを言うと「ナイーン」(英語のNoだな)の一言で始まる会話だ。
近所のアルゼンチン人40歳代もこの傾向があるので、
義母だけの癖ではない。

義母も大事な大事なケーキ作り道具が壊れた。
DSC01542.jpg

fieldlabo 木製 めん棒 パスタ 餃子 ピザ お菓子作り 製菓道具 製パン そば打ち 麺棒 (ロング)

新品価格
¥1,880から
(2022/1/24 18:44時点)



これはもう買い替えのほうがいいんじゃあなかろうか、
と思っていたのに24時間後にはちゃんとケーキ用具引き出しに
元通りに納まっていた。


以下、3種ものランキングに登録しています。
欲張りすぎな私でしょうかぁ?
クリックお願いしちゃいます。

人気ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村





コロナのせいで空港へ行くお客さんが激減。
羽田空港のお店も大変だそうです。
是非、空港を利用しなくても、
こうした面白い品を買ってみてください。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント