FC2ブログ

日本人は宗教的なものが好きな民族かもしれない

寝室に鏡を置くのは
風水では良くないとされている。
かなり前からこのことを知っていた。

ここでも、私たち夫婦の寝室は
鏡があるんだ。
もう、半世紀くらい使っているのかもしれない。
恐ろしくて義母に尋ねられないが、
もしかしたら義母の親が使っていたものかもしれない。
ヨーロッパの古いもの、ってなんだか高級そうに聞こえるだろうが、
平民が購入できる一般的な品だ。
先日、裏側を拭き掃除したが、
そのいい加減なつくりを目の当たりにし、
気分が滅入ってしまうところだった。

そういえば、義両親の寝室にも
ベッドの前に鏡がある。
DSC00651.jpg
寝室は眠るためだけの場所、という考えに
ほぼ徹底している。
左側に大きな鏡があり
画像右側手前には衣装ダンスがある。

外出時の身支度を整える場所として、
寝室以外の一室を設けるのは、
一般家庭にはかなり難しいことだろう。

私たちの寝室の鏡も、
義両親たちが昔から設置していたものだ。
ということは、彼らの世代には寝室に大きな鏡は流行だったのかもしれない。

比較的ドイツの様々な家屋を見てきたが、
寝室まで案内されることはめったになかった。
なので、義両親のような「寝室に鏡」はウチだけの現象なのか、
一般的なのかよくわからない。

ドイツでも風水の本が出版されているので、
興味のあるドイツ人たちは、寝室に鏡を置いていないかもしれないぞ。

だが、一般的な印象としては、
ここは日本ほど宗教的、あるいは科学的でない物事に関心が薄い。
宗教を尋ねられれば、臆することなく自分がキリスト教徒というだろうが、
信仰があるかといえば、違うような感じがするし、
たとえ熱心なキリスト教徒でも、13日の金曜日は縁起が悪いといったような
非科学的なことに興味を持たない。

超自然的なものに、より熱心なのは
日本人のほうだと思う。
各種占いも、日本のほうが発達しているし、
血液型に至っては、ここでは自分の血液型を知らない人もいる。

そんな環境なので、寝室の鏡は良くない、
って私が主張したところで、ばかにされるのは間違いない。
布団があるせいなのか、埃が鏡面につくので、
頻繁な清掃が必要だ。
余計な仕事が減るためにも、
鏡の撤去を願いたい。

だが、夫は毎日その鏡で服装をチェックしているようだし、
義母も寝室の鏡はかなり使っているようだ。

使っているものを片付けるのは難しいぞ。

Miruo 全身鏡 スタンドミラー 大型 姿見鏡 全身ミラー 壁掛け鏡 アルミ合金フレーム おしゃれ スタイリッシュ 160*50cm飛散防止 安心保証 (ブラック)

新品価格
¥12,301から
(2021/2/26 23:34時点)



全身をチェックできる大判の鏡は、
一家に一台あってもいいと思う。
姿勢のチェックなどにも非常に役立つ。

義両親たちの部屋の鏡は、
彼らの運勢を悪くしなかったようだ。
長く健康に過ごしているし、
何より、夫婦仲がよい。

風水は日本人、あるいは発祥地の中国などに
有効に働き、遠くなるとあまり関係なくなるのかもしれないぞ。

夫が日本にいるころ「西日が入る部屋がいい」と言ったことがあった。
その発言にかなりたまげた当時の私。
寒冷な気候で、日照時間が短く、
夏には日が昇る時間を遅くしてまで
夕方の日差しを楽しむヨーロッパだ。
風水では西側の窓はよくないとされていないか?

風水は、どのような気候条件の場所で作られたのだろうか。
ドイツだったら、西日が入ることは吉になっていたかもしれない。

もっとも、ここ何年か夏の気温が非常に高いことが多くなってきた。
これからは西側の部屋は避けるべきという考え方もあり、
になってくるだろう。

いちばんやさしい風水入門

新品価格
¥1,154から
(2021/2/26 23:45時点)












以下の二種のランキングに参加しています、それぞれのアイコンをクリックお願いしたいです
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 

人気ブログランキング



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

欧州のサッカー選手は背番号に13を選びません。
なので13が空いているので一時期欧州リーグの日本人選手が何人も面白がって好んでつけていました。
相手チームの知らない選手からもなんで13なんて付けてるのと話しかけられたりしてコミュニケーションツールとして役立ったようです(笑)
自転車ロードレースでも13の番号の選手は2枚付けるうちの1枚を逆さに付けて厄逃れしてます。
縁起だの占いだのは誰かが勝手に言ってることですからドイツにはドイツの縁起の悪いものがあるのではないですかね。