FC2ブログ

炭水化物と脂質ばかり目立つ食事

昼食はカイザーシュマルンだった。
カイザーシュマーレンとか、複数の日本語の書き方で
検索できる。
義母の発音は「カイザーシュマルン」が一番近い。

膨張剤が入っていない粉・卵・牛乳で軽く混ぜた生地が、
半分ほど焼けたところでバラバラにして
さらに火が通るまで焼いたものだ。
DSC00645.jpg
焼き上がりはこんな風。
なんだかねぇ。
DSC00646.jpg
これにリンゴコンポートを
添えて食べる。
朝食かおやつのような食事。
これが一日で一番まともな食事で、
夜は朝食のような夕食になる。
今日は、野菜はまったく摂取なし、だ。

見た目同様、激しく不味い。
使っている油脂をバターにすればいいものを
義母はもっと安いパームオイルを使っている。

同じく安い油脂にマーガリンがあるが、
義母が乳糖不耐症なので、
一般のマーガリンを使うことができない。

バターが高い、と言っても、
250グラムで150円ほどだ。
日本の半額以下ではないか?

日々、爪に火を点すような
節制生活で、栄養バランスがなっていない献立を
不味い食材を使って作るなんて。

森永製菓 ホットケーキミックス 600g×3袋

新品価格
¥743から
(2021/2/24 23:16時点)



ベーキングパウダーを入れて、
形を崩さずに、アメリカ風パンケーキにしたらよかったのに。
もちろん、義両親たちには
わずかな違いでも全く違うものだから、
拒否するだろうが。

私は付き合い程度にこの
小麦粉を怪しい油脂で焼いたものを食べ、
朝に炊いておいた黒米を混ぜた米飯に
塩を振って食べた。

米飯に塩、と書くと
とてつもなく簡素な食事に感じるだろうが
私は大好きだ。
日本にいるときはそうでもないが、
外国生活ではおいしい。
また、冷えた飯は
関東周辺の冬にはかなり食べにくいものだが、
どういうわけか、ここの冬は大丈夫だ。
やはり、室内の暖房の違いからなのだろうか。
不思議だ。


尾西の携帯おにぎり「3種類 30袋セット」 わかめ・鮭・五目おこわx各10袋 5年保存食 非常食

新品価格
¥5,922から
(2021/2/24 23:33時点)



おにぎりを検索したら、
こんな便利な商品が日本にあることを知った。
創意工夫しすぎな製品が多い、
日本の日本人が批判していた記事を最近読んだ。
まったく進化しないこちらの製品を見ていると、
なんだか高級な批判だぞ。








以下の二種のランキングに参加しています、それぞれのアイコンをクリックお願いしたいです
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 

人気ブログランキング



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

日本では米の個人消費量が減り続けています。
代わりにパスタの消費が増えているみたいです。
オートミールも人気が出てきているみたいで業務スーパーだと品切れしていることが多いです。
オートミールを固めに電子レンジで加熱したものをおにぎりにしたり、雑炊風にしたのがダイエットに良いそうです。