FC2ブログ

また三週間伸びた外出制限

すでに日本でも報道されているだろう。
ドイツはまた、外出自粛期間を延ばした。
スーパー・食品・食材店やドラッグストアは営業許可があるけれど、
そのほかは制限がかかっている。

パン屋の隣に設置されたイートインコーナーは
こんな風に閉鎖されて長い。
uho.jpg
向こうに赤い「セール」の広告をしているのは
衣類店で、二カ月近く閉まっている。
ショウウインドウから見える品々は、
以前から展示されている同じものだ。
westpart.jpg
ショッピングモールの半分以上の店舗は閉まっていて、
薄暗い中を歩くという、奇妙な現象だ。

義両親たちはドラッグストアで買い物
dm.jpg
いつも食材を買うスーパーの入り口に設置されている
アルコール消毒液と紙。
この画像では表現されていないけれど、
実物は薄ら汚いんだ。
開店時にはアルコール補充するのだろうけれど、
午後になると空になって、放っておかれている。
客もそれについて何も思わない。
日本と大違い。
Lidldisinfektion.jpg
ウチ周辺のスーパーは、
レジも品出しも、すべて同時進行で従業員みんながやる。
レジに人がいないことも多く、
そういうときは、彼らは品出しをしているんだ。

義両親たちが支払いをしているときに、
出口付近のコーヒー自動販売機が
開けっ放しになっていた。
LidelKaffe.jpg
清掃作業をしていたのを
中断してレジに向かったのだろう。
日本ではそういう仕事の仕方、ないのでは?
レジと自販機の世話を同時にするなんて。
あったとしても、こんな風に開けっ放しで去らないだろう。

さすがに、レジを離れるときはしっかり
レジ機の鍵を閉めているので、
需要度を区別しているのか。

開けっ放しのコーヒーの機械に
子供が手を突っ込んで事故になる・・・・
って可能性は、ここでは低いのだろうな。

気晴らしが義両親と日用品の買い物
という生活があと数週間続くなんて・・・

脳が腐る、ってさっきまで在独日本人仲間と
文章をやり取りしてしまった。
外出を控えるって、すごく大変。

コーヒーと言えば、
Gooブログに日本のドリップコーヒーについて書いた。
「ドイツ人に見せてはいけないドリップコーヒー」
下の品だ。

キーコーヒー ドリップバッグ グランドテイスト 甘い香りのモカブレンド 18杯分 ×4個 レギュラー(ドリップ)

新品価格
¥1,935から
(2021/2/12 01:02時点)



ドイツと日本のみの比較では、
日本のほうがコーヒーがおいしい。
カフェでのコーヒーにドイツではしばしばがっかりさせられる。
安定してどこでもおいしいのは日本。
販売されているコーヒー豆のレベルは日独同じくらいだ。
でも、でも!!
こんなに便利でおいしく淹れられる製品を作るのは日本。





以下の二種のランキングに参加しています、それぞれのアイコンをクリックお願いしたいです
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 

人気ブログランキング



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント