FC2ブログ

うつ病患者がたくさんいると20年前から聞いていた

二十年位前、
夫のギムナジウム時代の仲のいい男友達のガールフレンドが
まだ医学生の時だった。
(二年前に再会して、落ち着いた二児の母で
開業医の彼女と会話した)
彼女が「ドイツでも精神を病む人が多いです」
と言っていたのを聞いて、当時の私は驚いたものだ。
読んではいたが、本当にいるのねって。

さて、話は去年。
近所の親しい家族の一人娘、
推定年齢40歳が、突然倒れて
地域の総合病院に入院した。
すでに、コロナで家族の面会さえできない状態だった。
原因がわかったのは数週間後。
うつ病と診断されていた。

うつ病で倒れるんだ・・・・
私の知識では、
何もする気がしなくて一人で泣いている、
とか壁に向かってじっとしている、
ってのがうつ病だと思った。
さすが、ドイツはアクティブに症状が出るのね、
って不謹慎に思ってしまった。

この女性、
10年位前に同棲していた男性の
前の奥さんの息子さんとうまくいかずに
別れて実家に戻ってきたんだ。
その時も、ストレスで大食し、
凄まじい肥満体になってしまった。

そのショックから立ち直り、
すっきり痩せて仕事も順調で、
そんな日々だったのに。

もう一人、
ボランティア活動の仲間、
ドイツ人男性、定年退職者で、
離婚経験者、一人暮らし。
もともとおとなしい人だったのだけれど、
ボランティア活動をするようになってから、
明るく社交的になった、と周囲に言われていた。

数か月前、
手がおかしい、ってことで入院した。
手の不調で入院させるようなことは
ドイツでは考えられにくい。
何か重大な病気だが、周囲に秘密で
入院の事実だけ知らせたのだろうと思っていた。

去年の年末、本人から連絡がきた。
「りすさん、元気ですか?
僕はまだ入院中です。うつ病なんです」
とあり、再び驚いた。

なるほど、
ドイツではうつ病が多いのね・・・・

日本の生活でうつ病の人は、
私の周囲にはいなかった。
いや、他人に伝えなかったのかもしれない。

うつ病で何か月も入院ってのも凄い。
日本の入院期間は一般的に
欧米のそれより数倍長い。
それを知っていると、うつ病での入院の長さは、
ドイツでは何か特別なのかと予想している。

日照時間の短くなる11月、
クリスマス時期もうつ病患者や自殺者が増えるというのは
有名な話だ。
それ以外の時期でも、
頻繁に起こっているドイツ。
いや、去年が特別多かったのか。
私の周囲で二人もいたのだもの。

退院した女性は自宅で療養中、
(先週、義両親たちと散歩途中で訪問したら、
お母さんが応対してくれた後ろを彼女がパジャマ姿で歩いていた)
男性はまだ入院中だけれど、
「結構楽しくやっています」
って連絡がきた。

義両親たちも私も、今のところ、
うつ病の可能性は低い。
CIMG5706.jpg
先日の昼食は缶詰のスープだった。
レンズマメ。
私がボランティア活動先でもらってきたものだ。
義父が「二度と買うな」と不味さを
嘆いていた。
腹が立った私は
「これはダダでもらってきたものですっ」
と言い返してやった。
ストレスをためず、言いたいことを言う我が家は
うつ病を避けているだろう・・・・

いや。
夫は仕事中毒。
あれじゃあ、何かのきっかけでおかしくなるだろう。
気を付けて観察を怠らないようにしよう。


からだスマイルプロジェクト スーパー大麦とレンズ豆の生姜スープ 150g×5個

新品価格
¥1,273から
(2021/1/15 00:59時点)



この製品はおいしそうだな。
日本のは大体外れなくおいしい。



以下の二種のランキングに参加しています、それぞれのアイコンをクリックお願いしたいです
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 

人気ブログランキング



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント