FC2ブログ

イライラして家族に八つ当たりしているかもしれない

クリスマスイブの食卓。
DSC00501.jpg
多くの家庭が
これを食べているらしい。
ソーセージにポテトサラダ、シュトーレン。
もう慣れたからいいが、
初めの数年は
シュトーレンがあるのが気に入らなかった。
DSC00502.jpg
義母は用意したソーセージが
全部なくなったので
「あら、足りなかったかしら」
と言った。
さんざん食え食え攻撃をみんなにかけて、
やっと消費したところでこの発言、
私はちょっとムッとして、彼女に言った。
「作る人はなくなると
足りなかったと思い込みやすいものです。
実際はみな、がんばって平らげていることが多いんです」
私の言うことなど、
普段から全然聞いていない義両親だ。
今回の私の発言もまったく
気にしていないだろう。

さて、食事が終わると
プレゼントだ。
飾り付けたクリスマスツリーの下に置いてある。
基本、家族四人内では
贈り物禁止なのだが、
夫はそれぞれに用意してしまう。
いいんだけれど・・・
義母はいつも毎回はっきりと言う。
「いらないって言っているのに!」
日本的な社交辞令ではなく、
ほんとに嫌がっているような言い方をする。
だから、私はめったに義母に贈り物をしない。

さて。
夫が私にくれたもの。
一目でムッと来た。
DSC00503.jpg
あれだけ散々
「ゲームソフトはこれ以上買わないで」
と念を押したのに、
一気にこんなにまとめて買うなんて。

私が一つのゲームを終えるのは
数か月かかる。
また、幾度か書いたが、
ドイツで販売されているゲームは、
もちろんドイツ語音声ドイツ語表記が基本だ。
夫はゲームでドイツ語を覚えてくれると
願っているのだろうが、
私は操作を理解するためにいちいち止めて、
辞書を引いたり、じっくり読んでゲームをするなど
全く無理だ。

おそらく、ほとんど、積んでおくだけになるだろう。
下のこの二作は原産国日本なので、
音声は日本語が残されているだろう。
DSC00504.jpg
それでも表記がドイツ語や英語だと憂うつだ。
文字も小さくなってしまう。
日本語の優秀なところは
欧州語より大きいことだ。
細かい欧州語表記は早めの老眼鏡使用を促すかもしれない。

夫には悪いが、
もう一度忠告した。
「もう、絶対ゲームソフトを買わないでください」
何度か彼に言った言葉だ。
日本風の遠慮だと思ったのだろうか。

クリスマスイブに
こんなにいらいらするのは例年にない。
私、どうしちゃった?

よくよく考えてみたら、
やはり、コロナで自宅にいる時間が長いからだろう。
一階と二階で別にいるとしても、
台所は一つの完全同居、
顔を合わせている時間は夫といるより長い。
決して嫌な人たちではないが、
やはり他人だ、しかも外国人。
食べ物の苦労は並大抵ではない。

普段は適度な外出の機会があり、
在住外国人やほかのドイツ人との交流に
充実感を感じることが多い。

今年のクリスマスは、
ストレスマックス状態なのかもしれない私。
明日は爆発しないよう、
十分気を付けなくてはならない。



以下の二種のランキングに参加しています、それぞれのアイコンをクリックお願いしたいです
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 

人気ブログランキング



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント