fc2ブログ

警戒心ゼロでよろしい地域のクリスマスマーケット

大きな催し物が開催される時期になると、
領事館から以下のような内容のメールが送られてくる。
クリスマスマーケット注意喚起
要するに人が集まる場所は危険が生じやすいので、
注意しなければならないということだ。
日本ではめったに起こらない事故や事件が、ここではより頻繁に起こりうるということで。

そういえば、夏に、街中で爆発物を入れたと思われる
スーツケースが大勢並んでいるバス停に置かれていたことがあった。
小柄な犯人が手足を振り回して背の高い警官と争っているのを
ちらりと遠くから見て、その犯人の弱っちい様子を観察してちょっとがっかりしたものだ。
小物が自分を大きく見せようとした犯行のような気がした。

さて、そんな危険を覚悟で
集落の1日限りのクリスマスマーケットに行ってきた。
DSC_5006_copy_600x1064.jpg
いい感じに積雪があり、気温も氷点下で雰囲気は抜群。
DSC_5007_copy_800x451.jpg
売られている飲食物のけたたましい価格には萎えた。
グリューワイン一杯7ユーロ。
こうしたお祭りのときに、屋外で暖かい飲み物片手に
仲間と語り合うのは、クリスマスマーケットの楽しみ方の一つなのだけれど。

セント・チャールズ グリューワイン 1000ml [ドイツ 赤ワイン 甘口 ホットワイン]

新品価格
¥1,060から
(2023/12/4 17:19時点)



👆広告。この価格、日本で手に入るということを考えると、
凄く安いのではないかと思う。もちろんここでは数ユーロなのだけど。

DSC_5008_copy_800x451.jpg
屋根のないテーブルは御覧の通り。
何かの修行のようにも感じる。
喫煙にはまだまだ寛容なドイツなので、
ちゃんと灰皿も用意されている。
小さい子供も大勢来ているのにねぇ。

実際のところ、警戒など一切しなかった。
近所の集まり、という雰囲気のこの地域のお祭りだ。
よそから人が来る可能性はほぼない。
顔見知りが挨拶しあう機会さ。
近所に仲良しがいない夫は、誰ともあいさつしなかった。
義両親が来ると、もう、ひっきりなしに挨拶ばかりするのにね。

クリスマスツリー 150cm 北欧風 ヌードツリー オーナメントなし 葉先が雪化粧 おしゃれ 豊富な枝数 400本 Christmas tree 簡単組立 屋内 屋外

新品価格
¥4,999から
(2023/12/4 17:16時点)



👆広告。このお祭り会場の端っこではクリスマスツリーが売られているんだ。
薬剤を散布して葉が枯れないようにされたと思われる品々だ。
そろそろ生木じゃあないクリスマスツリーを受け入れるほうがいいんじゃあないか、
っていつも考えさせられる生木クリスマスツリー販売。




以下、3種ものランキングに登録しています。
それぞれ状況違っておもしろいです。


人気ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント