fc2ブログ

飾って味わう外国生活の日本米

元在独日本人仲間Y子さんから差し入れが届いた。
ここ数年で日本から外国へ小包を発送する手続きが
非常に煩雑になっている。
送料も、物資やその他の物事同様上がっている。
そういう情勢のなかで、送ってくださる方には本当に感謝している。

Y子さんから届いたのはお米。
きっと彼女も、ドイツ生活で食べるに堪えうるお米を
手に入れるのに苦労されたのだろう。
日本米 (1)

【無洗米】2022年産(令和4年産)千葉県産 新種米「粒すけ」真空パック 2合

新品価格
¥900から
(2023/11/27 16:57時点)



👆広告。これは無洗米。無洗米がないここだが、義母が米を洗っているところを見たことがない。そのまま牛乳とともに茹でている。
私は普通にここで手に入る日本米ではない製品を
なんとか食べられる許容範囲として常用している。
一般的に日本人には嫌われる長粒種米も普通に食べることができる。

ドイツでは米を栽培していない。
イタリアやスペイン・フランスなどで作っているようだ。
遠くはタイ、インド、パキスタンから長粒種米を輸入している。

そういう状態なので、今後の世界情勢が
もっと輸出入に厳しくなると、品種を問わず手に入れるのが難しくなるかもしれない。
「ジャガイモばかりで嫌になっちゃう」
と日記に書くかもしれない将来。

そいういうわけで、この贈り物を
すぐに食べてしまうのが惜しくて惜しくて仕方ない。
日本米 (2)
二年前に採取したもので、精米は去年。
真空パックなので、もう少し大丈夫だろう。
食糧小部屋の目立つところにしばらく飾っておくことにする。
貧乏性の自分の性格にほとほとあきれながらも、
眺める食品の楽しみ、を味わっている。

ここに住んでからずっと、
チューブ入りのトマトペーストは開封後、
常温で保存していて問題はなかった。
発酵
食品の扱い方は義母に従っている。
気候の違うここでは、日本風のやり方をしないでもいい、
しない方がいいことがあると思っているからだ。

ムッティ トマトペースト 130g×3個

新品価格
¥810から
(2023/11/27 17:01時点)



👆広告。日本で販売されている品はきちんと「開封後は冷蔵庫保存」と記されているだろう。
義母は日本の常識では冷蔵庫保存なのを
常温で置くことが多い。
卵も、大方の野菜も常温保存だ。
バターは買いだめした保存用には冷蔵庫だが、
毎日使う分は戸棚に常温で置いている。
ここ数年、夏の気温が高いので、
冷蔵庫に入れっぱなしのことが多くなった。
バターの様子で温暖化を感じるものだ、
と思っていた。

今年、二度ほど、開封したトマトペーストのチューブが
食糧小部屋で発酵してパンパンになっていることがあった。
1度目は暑いころだったが、二度目は二日前だった。
この秋も、気温が高めなのか。

そのチューブの蓋を取ると、
なかから酸っぱい匂いの内容物が飛び出て辺りを汚した。
再び蓋をしてチューブそのままにしていたら、
いきさつを知らない義母がつかつかやってきて、
「最後まで絞って使うには・・・」
と、床に落とし、足で踏もうとしていたので、
「それは腐っています」
と私が止めた。

きっと義母はそんなはずはないと言い張って、
使い続けるだろうと覚悟し、討論しようと
張りきったけれど、あっさり私の言うことを認めた。

貴重な食材を腐らせて捨ててしまった。
日本米も、飾っておくだけにしないで、
ちゃんとおいしく食べられるうちに食べようと決心した。


①②③のそれぞれをクリックしてほしい、面倒だろうなぁ。

人気ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

👇広告♪


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント