fc2ブログ

暇を持て余していると思われる画像

無料で手に入れた中古衣類店のレギンス、
数度洗ったらひどく縮んでしまった。
もらった当初は大きすぎるくらいだったのに、
縮んだらウエストゴムが苦しくて仕方がない。

まったく、ドイツの品はダメだな・・・
とちらりと考えてから、その思考を訂正。
洗濯で衣類が縮んでしまうのは日本でも経験していた。

義母に頼んでゴムを入れ替えてもらうか、
ゴムの入れ替えくらい、自分でやれって?
いや、ゴムが生地に縫い込まれているタイプなので
ちょっと難しいんだ。

コモライフ パジャマゴム交換セット 約幅18mm×全長12m ゴム通し クリップ付 平ゴム パジャマゴム 裁縫 洋裁 手芸 パジャマ スウェット ホワイト

新品価格
¥692から
(2023/3/23 16:44時点)



面倒なので、ゴムを伸ばすことにした。
毛布を丸めてそこにウエスト部分をはめ込んだ。
ちょっと良い感じになったので、
床に置いて記念撮影。
DSC00244_2023032316244162a.jpg
理想的な大殿筋の付き方だな、
などと見入ってしまった。
脚の部分にもタオルを詰め込んで
更にリアルに仕上げていこうか・・・
違う、そんなことで人生の時間を使ってはいけない。

[グンゼ] ルームウェア CI Comme CA コムシコムサ ゆったりお家時間快適 綿100%ルームパンツ レディース ネイビーブルー M

新品価格
¥2,750から
(2023/3/23 16:43時点)



パジャマとして使っているので、
ウエストは緩いくらいが理想だ。
洗濯前は義母に
「それはりすに大きすぎるのではないか」
と言われたくらいだった。
 
さて、この方法でゴムが緩くなってくれるものなのだろうか。
処分するのはもったいないので、
どうにか工夫して、くたくたになるまで使い倒そうと画策している。







以下、3種ものランキングに登録しています。
それぞれ状況違っておもしろいです。


人気ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

寝巻として使っているくらいの物でしたら、ゴムの一部を生地ごとはさみで切ってしまってもいいかも。
知り合いのスイス人のおじいちゃんが、靴下が食い込むからと言って、ゴム部分をいつもハサミで切り込みを入れて使っていたのを思い出しました。