fc2ブログ

「義母のレープクーヘンの作り方」去年の記事を再び掲載

去年12月に書いた記事をそのまま(少し修正変更有)を
もう一度投稿する。


リクエストの多いレープクーヘン作り方紹介。
いろいろな種類があるが、
ウチで一番人気のジャガイモ入りを書く。

材料 直径7センチ円形が約40個分

じゃがいも 500グラム
小麦粉 400グラム
卵 4個
砂糖 400グラム
レモンピールの砂糖漬け 100グラム
オレンジピールの砂糖漬け 100グラム
ベーキングパウダー 15グラム
ヘーゼルナッツ 細かく砕かれたもの 250グラム
アーモンド 細かく砕かれたもの 250グラム
レープクーヘン用香辛料一袋 15グラム
ココアパウダー 少々
ラム酒エッセンス 少々
アラク酒エッセンス 少々
シナモン粉 少々
直径70ミリの円形オブラートシート
塗布用チョコレート

材料の紹介段階で、
日本では入手困難なものが多いと感じた。
麻布のNationalって言ったかな、
近所にあるドイツ大使館職員ご用達の店にはあるかも?
各地にあるカルディや成城石井にもあるか?
また、日本の家庭では難しいと思われるほど大量なので
適度に減らして試してほしい。

①ジャガイモを茹でる。
DSC02205.jpg
②潰して冷やしておく。
DSC02206.jpg
③卵をと砂糖を混ぜる。
④そのあとは、適当に混ぜやすいよう
すべてを入れて混ぜる。
粉とベーキングパウダーは一緒にふるって入れること。
DSC02213.jpg
レモンピール砂糖漬けとオレンジピール砂糖漬けは
機械で細かくしてもいいし、包丁でたたいてもいい。
義母は以前はそうしていたのだけれど、面倒になってしまったらしく、
今年はこのまま入れていた。レーズンを入れることもある。
DSC02214.jpg
かなり重い生地なので、ミキサー等を
使ったほうが良い。
⑤直径70ミリのオブラートシートに高さ1センチくらいに塗る。
DSC02215.jpg
以前はスプーンで作業したけれど、
数年前にこうした製品を手に入れて、
より見た目の揃ったものができるようになった。
DSC02217.jpg
日本のレシピにはオブラートを使わず、
直接オーブンペーパーに生地を落として
焼くのを勧めているようだ。
DSC02218.jpg
約180度で約20分焼く。
オーブンによって違ってくるので様子を見ながら温度と時間を調整。
上部を指で押して、すぐに生地が
戻ってくるのが焼きあがっている合図。
焼きたての温かいものもおいしい。
DSC02219.jpg
⑥冷えてからチョコレートを塗る。
「クーベルチュールチョコレート」というらしいな。
さっき知った。
DSC02220.jpg

レープクーヘン用香辛料も日本での入手は困難だろう。
DSC00004.jpg
DSC00005.jpg
裏面を見ると、
シナモン オレンジピール コリアンダ レモンピール 
フェンネル ナツメグ チョウジ カルダモン
との記載があるので、
これらの中でお好みの物、手に入れやすい物を
入れるといいと思う。
粉末状の物だ。
香辛料が効いているのがレープクーヘンの特徴と思っている。

👇以下、広告。

フェンネルパウダー 粉末 アメ横 大津屋 スパイス ハーブ fennel ウイキョウ 茴香 フェンネル パウダー ソーンフ ソーフ (100g)

新品価格
¥480から
(2022/12/3 14:56時点)



クローブ パウダー 粉末 粉 アメ横 大津屋 業務用 ハーブ ティー ポプリ 種 チャイ clove 花蕾 丁子 丁香 ちょうじ ちょうこう チョウジ くろーぶ (50g)

新品価格
¥510から
(2022/12/3 14:55時点)



刻みオレンジピール(選別品) / 180g 富澤商店 オレンジピール系

新品価格
¥510から
(2022/12/3 14:54時点)



瀧川オブラート オブラートシート 食用シート A4サイズ 50枚入

新品価格
¥1,890から
(2022/12/3 14:53時点)




円安で海外産が主流のこれらの香辛料もますます入手が難しくなっているのか。
こちらでもレープクーヘン用の香辛料がすぐに売り切れてしまうので、
手に入れるのが難しかった今年。
既製のレープクーヘンも日本では取り扱いはないのかな。

プレイモービル 9392 ドイツシュミット レープクーヘン職人 playmobil yoru

新品価格
¥8,480から
(2023/11/29 22:15時点)



👆広告。じゃあ、せめて、レープクーヘン屋さんのおもちゃでも♬




以下、3種ものランキングに登録しています。
それぞれ状況違っておもしろいです。


人気ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

去年、こちらでじゃが芋のレープクーヘンのレシピを知りなんだか興味を持ったので焼いてみました。
とっても美味しかったので今年もまた焼きましたよ。バターが入っていないのでカロリーの少なめな所もお気に入りの理由です。

リスさん、こんにちは。
レープクーヘンが大好きなのでレシピありがたいです!スーパーのものは味がイマイチだし、クリスマスマーケットのものはなかなかいいお値段なので助かります。日本の母もレープクーヘンファンなので教えてあげようと思いました。

結構前からブログ覗かせてもらってるんですけど、コメントのお返事つかないのかしら!?と思っていたらそういうご事情だったんですね。納得しました。

ドイツの義家族や食文化、衛生観念の謎、頭巾の方々のことなど毎回共感しながら楽しんで読んでいるのでこれからも興味深い記事を待っています!

No title

先日のブログに前編の方をリンクさせていただきました。
http://phary.blog41.fc2.com/blog-entry-4632.html
ありがとうございます。

実はすぐコメントを入れたのですが、やはりうまく送信できなくて報告が遅れました。

今回はうまく入るでしょうか?

作りました。今まで食べたレープクーヘンの中で一番美味しいです!
息子達がつまみ喰いして、すでに10個以上無くなってしまいました。もしかしたらアドベント中にもう一回焼かなくてはならないかも知れません。こんなに良いレシピ、本当にありがとうございました!

お忙しい中ありがとうございました。
何とか家にある材料で作れそうです。最初は専用香辛料?と焦りましたが、中身を書いて下さったので、安心しました。
でも義母様すごい量を作られるのですね。
レモンピールの色にもちょっとびっくりしました。
ありがとうございました。

No title

リスさん、再度の投稿ありがとうございます。
実はまだブログ記事にはしていませんが、先週、待ちきれなくて温度と焼き時間は他のレシピを参考にしてもう作ってしまったのです。
ものすごく美味しいです。さすが義母様!
と、義母様にお伝えください。

作り方ありがとうございます!!
材料、家に揃っているので早速今日、作ります!