fc2ブログ

窓の外の様子を観察するようになってしまったドイツ人高齢者、義母

義母に呼ばれで撮影するよう命令された
庭の花。
日没とともに花を閉じるのだそう。
DSC01807.jpg
夏至まであとひと月ほどだ。
緯度の高いここ、
咲いている時間が長くて
疲れやしないか、と植物に対して心配してしまう。
それにしても、豪華な花だ。
DSC01806.jpg

花言葉『温かい心』【花つきミニサボテン おまかせMIX 2鉢セット】※品種や色の指定はできません 素焼き鉢 サボテン 観葉植物 オシャレ インテリア (2)

新品価格
¥2,480から
(2022/5/24 19:42時点)



春から秋口まで、
毎日のように庭の草木の手入れで
忙しくしている義母だ。

欧州の高齢者の様子で有名なものに
窓から外の様子を観察するお婆さんの存在がある。

あれは街中暮らしの時間に余裕がある
高齢者の行動だと思っていた。

最近、義母が激しく窓から外を見つめていることあり、
ちょいとぎょっとさせられる。
いよいよ本格的老人というイメージだな。

HLLING バルコニープライバシー画面 のぞき見防止 フェンス プライバシー保護 高さ 60/70/80cm 屋外 フロントガラス UV保護 防錆ボタンホール付き (Color : Gray, Size : 70x550cm)

新品価格
¥4,787から
(2022/5/24 19:44時点)



義父と、夫、私たちにはどうでもいいことを報告してくれるので
なおさらその老人ぶりに驚かされる。

「あそこの木の陰はトラクターがあるように見えるよね、
でも、午後になると太陽の位置が変わるからなくなるのよ」
夫と私はそれを聞いて固まっていた。
義父は面白くなさそうに返答をしていた。
DSC01758.jpg
週末にはウチの前を様々な人々が行き交う。
遊具がある公園と森へ行くには
ウチの前を通らなくてはならないからだ。

田舎とはいえ、ここ10数年で
凄まじい勢いで人口が増えている。

「みんな知らない人だわ」
義母は残念そうに言う。
孫らしき子供を連れている人でも、
義母の知り合いではない。
知っている人ばかりにするには、
定期的な会合を持たなければならないぞ。

集落中心の万事屋のような店では
週に一度の婦人会が開催されている。
義母はそういった催し物が大嫌いだ。
昔からの住民が次々に別の地域や
他の次元の世界へ引っ越しているので
積極的にならないかぎり、
義母の知り合いが減るのは当然だ。

義母の交流関係は親族と
昔の職場で親しかった若い仲間のみだ。
近隣住民に同級生なども多かったらしいけれど、
交流はない。

近い将来は、ウチ周辺も
外国人住民ばかりになるだろう。
難民たちが住宅を持つのは
現在のところ難しいが、
彼らの子供世代になれば
郊外の一戸建てに憧れる可能性があるかもしれない。

さあ、お義母さん、
今日は窓から何が見えるか報告してくれっ!









以下、3種ものランキングに登録しています。
それぞれの順位が違って興味深いです。

人気ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント