fc2ブログ

菜食主義ドイツの若者のトレンド食生活

17歳から20歳代半ばの
ドイツ人(どちらかの親が外国人の場合もあり)数名と
接触する機会がある。

その時はマクドナルドについて少し話題にした。
日独のメニューや価格の違いをテーマにしてみた。
どういうわけか反応が悪いので尋ねてみた。
「マクドナルドをどの程度利用しますか」
答えにたまげた。
「まったく行きません」
は?
驚きを顔に出すのが悔しくて平静を装った。
もしかして、こいつら、みな菜食主義者?

そういえばインスタントラーメンについて
尋ねたときもドイツ人女子が言っていたな。
「身体に悪いので食べません」
きっぱりと言っていた。

まあ、ドイツの普通のスーパーで手に入る
ラーメンはまずいから、無理に勧めなくてもよかろう、
と自分を納得させたものだ。

夫と夫の事務所の仲間と食事をするときも
肉を選ばない人たちが数名いた。
若者だけでなく中年世代もいることは知っていた。

あまり若いうちに肉を食べないとか
健康に気を遣いすぎる食事を心がけるのは
つまらなすぎる人生になっちゃうぞ。
(夫は18歳の頃から肉を避けているので、
つまらない人生爆走し続けている)

私はマクドナルドが好きだが、
あまり頻繁に行かない。
食べるのを楽しむというより、
そこにいるのが楽しい。
DSC_2331_copy_800x451.jpg
この時は待ち合わせの時間まで
1時間ほどあるので
コーヒーだけ注文した。
誰かが残したタブロイド紙が
置いてあるテーブルに座ってそれを眺めながら飲んだ。
DSC_2332_copy_800x451.jpg
周囲の客層を見ると、
そういえば若者のグループはいない。
子連れとか、30歳代以上の人々が多かった。

たまたま私の交流のある若者が
菜食主義とマクドナルドへ行かない主義なのか。
DSC_2333_copy_600x1064.jpg
住宅地でも激しく宣伝広告している。
アプリでかなりの割引があるらしいが、
年に数度しか行かない私には
携帯電話の容量を減らすだけなので使えない。

ここのマクドナルドに行くと、
いつもがっかりするのは
従業員の人々が辛そうに働いている様子を目にすることだ。
トレイ返却の棚はいつも汚れている。
それでも数か月に一度は
行きたくなってしまうマクドナルド、
何かが私に魅力的なのだろうな。

マクドナルドが大切にしてきた「マニュアルを超える」31の方法 (中経出版)

新品価格
¥1,283から
(2022/5/3 15:41時点)



今でも日本のマクドナルドは
笑顔をたたえながら接客しているのだろうか。

















以下、3種ものランキングに登録しています。
それぞれの順位が違って興味深いです。

人気ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村





私はいつも使い切っているが、
使いきれない人が多いのだろう。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント