fc2ブログ

義母の薬より私のゲームを優先した悪いヨメ

先週金曜日に発売された日本のゲーム「龍が如く8」がここでもちゃんと店頭にあるかどうかちょっと気になって街中をさまよってみた。お!ちゃんとあったぞ。ほっとした。制作元の「龍が如くスタジオ」では「世界でも大人気です」とさんざん宣伝している。売り上げを見てそのように言っているのだから本当なのだろうが、欧州では日本のように激しい広告をしないので、売れているのかどうだかの体感がしにくい。また、ゲーム好きの2...

日本並みの薬処方量にたまげた私

義母に処方された薬の数が、凄まじいので驚かされた。日本だったら高齢者にはこれくらい普通だった記憶がある。日本人の薬好きは本当だ。たくさんの薬を処方する医師が「名医」と言われる場合もある。(実家近所に一例あったんだ)ここではめったに薬を処方しない印象だ。10年位前だったか、体調不良の時、当時のかかりつけ医に行ったら後ろの戸棚から開封されていない薬を取り出して「じゃあ、念のためこれをあげる」と言って渡...

生活レベルを下げることは可能

少し前から、小売店等のレシートの色が黒くなった。「環境に配慮」とかいう名目でそうなっているのだろう。スーパーのそうした意識を宣伝しているようにも思われる。初めてその色のレシートを受け取ったときは読みづらさに辟易したものだ。濃い色は抵抗がなくても、読みにくいのは困るじゃあないか。このように並べても、真ん中の黒いのは少々読み取り辛いように感じる。レジ用感熱ロールペーパー 20巻入 58mm幅×80φ×12mm カシオ・...

人手不足は国際的な現象

携帯電話やタブレットに二度ほど出てきた広告。ルフトハンザの求人広告だ。テレワークあります!フルタイム、パートタイムあります!6週間までの休暇あります!無料航空券あります!時給32ユーロまで!(生活感覚で3200円、今の為替レートで換算すると5600円!)と、ちょいと食いつきそうなうたい文句添えだ。コロナで旅客が減ったときに、バンバンと首切りをしたこの会社だ。解雇による自殺者もかなりいたと聞いている...

日本人の目には商売っ気の無い商売

今日は以下のゲームの発売日だ。龍が如く8 - PS5新品価格¥8,081から(2024/1/26 20:15時点)👆広告。世界同時発売なので、ここドイツでも売られているのだろう。数作前から、こちら向け製品でも日本語音声はもちろん、日本語表記も選べるようになっているので、入手が非常に簡単になってうれしい。本当はすぐにでも店に買いに行きたいのだが、数週間前からウチ一家は病人・入院・退院などが続いてなかなか家を出ることができない。少...

空腹は最高の調味料、を体験

ひと月ほど前から一家四人全員で体調不良の日々が続き、とうとう義母が入院してしまうまでに至った。4,5日の入院生活に毎日一家で訪問した。都合上、どうしても昼食時になってしまい、義母の食べる様子を見ることになった。「うわ、こんなに食べられない。りす、食べなさいっ」と、入院してまで食え食え攻撃をする義母にあきれた。東海漬物 きゅうりのキューちゃん 90g×5個新品価格¥940から(2024/1/25 17:25時点)👆広告。欧州進...

古い印刷物は何語でも見入ってしまうものだ

畳の下に新聞紙を敷く習慣がなくなってもう、長い年月が過ぎたものだ、などと思わせるものを見つけてしまった。食器や調理道具が収まってた箱を開けたら、何枚かの新聞紙が使われていた。2001年の新聞だ。印刷全体の印象が古臭さを感じてよろしい。あれ?これって、ユーロ導入緯線の価格表示か?おお、このデザインの携帯電話だったら、義父も楽々使えるだろうに!高齢者向け携帯電話 高齢者向けデュアルSIM携帯電話 強力な懐...

日本市場用の筆がいい

数年前にいただいた毛筆の穂先をほぐそうとちょいと力を入れたらぽろっと取れてしまった。ドイツ人からの頂き物で、ここのアマゾンで購入した下の画像とほぼ同じものと思われる。値段も普通なので、まあ信用していい品だと思った。日本人の目から見ると、ちょっと雑なところがあったけれど、見た目の美しさはよかった。書道が得意というわけではないが、子供の頃から筆は好きだった。こんな状態になったのは、人生で初めてだぞ。製...

股ずれしないとパンツ類は長持ちするよな

洗濯物にアイロンをかけていた。洗濯されるたびにみているはずの義母の古いズボン。股の部分の布が摩擦ですり減っている。やっとこのときに気づいたのは、先週、仲間の一人に使い古しのジーンズをもらい、家に戻ってウエストや丈をなおしているとき、股の部分が薄くなっているのを見つけたからだ。「ああ、太ももが発達した人が使っていたのだな」と、初めて気づいた。私のこれまでの人生で、パジャマや運動着も含め、その部分がす...

人間関係もミニマムにしようとしてみたけれど。

家族や私の体調が思わしくない日々が続く。しかしながら、できるだけいつものやるべきことを休まぬようにしていた。訪問先のボニーちゃん。ときどき飼い主と一緒にやってくるんだ。この犬種はいつまでも子犬のような見た目としぐさを保つのだろうか。かわいいけれど、不気味にも感じる。帰りの夜道を歩いていたら、こちらに移住したのとほぼ同時に知り合った長い付き合いのポーランド人J子さんが柴犬を連れて歩いていた。「あーら...