fc2ブログ

歩いているだけで様々なブログ記事ネタを見つける

11月16日記事に高カロリーでおいしいデニッシュの名前が思い出せないという内容を書いた。2022年11月16日「日照時間が短くなるとクリスマスを意識する」今朝、新聞に挟まっていたスーパーの広告に似たような製品が載っていた。ちょいと潰れているところが違うのだが、カフェの人がFで始まる言葉を言ったことは覚えているので、ほぼ確定ということにする。「ふらんつぶろーとひぇん」だ!次の注文の時のため、何度も繰...

夜の外出はきつい超朝型の私

年末に向けて様々な催し物が多くなる。少し前までコロナで規制されていたものが一気に自由になって復活した印象だ。夜の外出は好きではない私に、近所の仲間の中国人S子さんが誘った。「短編映画祭があるので行きませんか」彼女の勤務先の語学学校が協賛していて、入場は無料になるから行ってくれと経営者側から言われたらしい。S子さんは機会あるごとに私を招いてくれている。それは嬉しいのだけれど、だんだん外出が億劫になって...

日曜日の朝のクリスマスマーケット

近隣在独日本人仲間と約束があり、日曜日の朝から街中へ行くことになった。彼女と別れた後、クリスマスマーケットを覗きに行った。薄暗いドイツの晩秋。こうした雰囲気を打破するためのクリスマスマーケットの存在。だが、まだ人出がほとんどなく閑散としていて、侘しい雰囲気が漂っていた。毎年、同じ店が同じ場所に位置される。店の人たちは、普段どういう仕事をしているのだろう。午前11時過ぎだ。人々は家でゆっくりしている...

やっぱりドイツ生活は不便だ

26日土曜日限定の割引商品、砂糖1キロ85セント(生活感覚で約85円)を手に入れることが今週の目標だった。(レベル低い、私の目標・・・)カップ印 白砂糖1kg新品価格¥254から(2022/11/27 15:25時点)菓子をガンガン焼くこの時期に砂糖の割引販売は大きく宣伝効果があるだろう。食料品の価格高騰で、これを狙う客も多いとみて、土曜日の朝、このスーパーに急いだ。ところが、砂糖の売り場は広告の品がなく、他のデザインパ...

やっぱり義母とのクリスマスクッキー作りは嫌だっ

義母のクッキー焼きスイッチが入ってから、彼女はいつもそわそわしている。「今日、りすはウチにいますか」と尋ねられるのが怖い。クッキー焼きは嫌いじゃあないが、彼女と一緒にやるのは面倒だ。「もう焼けたようですよ」など、私の忠告はほとんど「いいえ、まだです」と否定的な答えに終わるからだ。もっと丁寧に、一つ一つが同じ大きさになるようにしたいとも思うのだが、そんなことを意見しても絶対に聞き入れてくれないだろう...

本格材料を使ったエチオピア料理「インジェラ」は凄まじくおいしかった

エチオピア人E子さん宅に着くと、彼女は私にパン食べるか尋ねた。正午近くで小腹が空いていた私は喜んだ。出てきたのはパンのみ。「ごめんね、ジャムを捨てちゃったの」彼女はよく食べ物を捨てる。ジャムなど保存食なのだから、かなりの期間、食べられるはずだ。私のここでの経験では、途上国と呼ばれる国から来た人たちのほうが、物資や食べ物を理由なく捨ててしまう。また、そういう行為を自慢げに言う人もいてそういう時には私...

クッキー焼きのスイッチが入った義母

「今日はクッキーを焼きます。りす、家にいますよね?」と義母がいささか気合の入った声で宣言した。いよいよクッキー焼きのスイッチが入ったのを確認した私。材料を計っている義母。去年の倍ほどの値段になっている小麦粉をバンバン使うんだぞ。有機小麦全粒粉 4.5kg 本場 ドイツ産新品価格¥4,920から(2022/11/24 17:01時点)小麦粉だけでなく、バターや砂糖も軒並み値上がりだ。焼くための電気代だって、凄いことになるはずだ。...

無意識に選んでしまった健康のための料理

大きなスクリーンを本棚の前に設置していた。そんなに難しい作業ではなく、女性と男性一人づつで難なく終わっていた。その場所を貸す金持ち夫人が作業を手伝ってくれた二人を記念撮影。フェイスブックに載せるのだろうな。ポータブルアウトドアプロジェクタースクリーン スタンド付き 映画投影スクリーン 大型120インチ映画スクリーン ホームシアター新品価格¥21,908から(2022/11/24 00:18時点)「インゴルシュタット国際短編映画...

屋内用ジャケットで寒さをしのぐ

りす部屋室温がまた下がった。約16度。外気温はここ数日10度以下。タニタ 温湿度計 温度 湿度 アナログ 壁掛け 卓上 マグネット グレー TT-557 GY新品価格¥858から(2022/11/22 17:28時点)台所も暖房していないのでひどく寒いが、義母は何も言わずにせっせと料理をしている。なので彼女に「りす部屋の暖房を入れなさい、身体を壊したらどうするの」と言われても、その気になれない。先日ごちそうになった台湾人にもらったジャ...

マスク義務がそんなに厳しくないらしいドイツ

先週、頻繁にやり取りしている東京の仲間が動画や画像を送ってくれた。東ヨーロッパ在住の彼女の友達が、ベルリン旅行中の様子を撮影したものだった。列車乗車の画像中の人々や一緒に旅行していると思われる人物たちはみなマスクをしていなかった。あれ?ベルリンはマスク義務がないのか。といぶかしんだ私はすぐさま、調べてみたが、やはり、どこでも公共交通機関ではマスク義務が続いていることを知った。そうなると、可能性は一...