fc2ブログ

なるべく現地のもので間に合わせる努力

いただき物の麩、大事にしすぎて賞味期限を10年過ぎる結果に、って記事を書かないよう、ちょっと無理やり使った。義母の野菜スープに入れてみた。鍋に入れてしまうと、私以外の人たちの皿にも入ることになり「これは何だっ」と、責められることになるので水に浸して絞ったものを私だけに盛り付けた。日本では大した値段のするものではないが、送ってくれる手間暇と送料などを考えると、とてもじゃあないが義両親たちに食べさせよ...

詳細については家族全員知らない、今の家の建て方。

一階の床部分に緑色の管のようなものを敷いていた。義両親たちが話し合っていた。「床暖房設備か知らねえ」はっきりわからないようだ。作業している人たちに直接尋ねれば、喜んで答えてくれそうな気がする。だが、基本、仕事のじゃまをしてはいけない。翌日はコンクリートを敷き詰めていた。日本の一般家屋建築の様子と大きく違うのはこのコンクリートを多用するところだろう。降水量と湿度の違いが建築物の材料に影響するわけだ。...

いよいよ本格的になってきたワクチン接種

知人から送られてきた画像。嬉しそうに腕を見せている。高齢者でも医療関係者でも教員でもない彼がワクチン接種を受けた。そういうわけで、ここのワクチン接種は急速に進むだろう。こわいほどよくわかる 新型コロナとワクチンのひみつ新品価格¥1,430から(2021/4/28 17:13時点)家の中で過ごすために、図書館で借りている映画DVD。より多くの人々のワクチン接種が進めば、DVDなど忙しくて観ている暇がない、という生活が戻ってくる...

気をつけないと、家の中から一歩も外に出ない、なので馬を見に行った。

仕事も約束も買い物も何もない日々が続く。玄関から外へ一歩も出ない日も多い。森や畑の中の散歩も嫌いではない。だが。こうも毎日森に行っていると、やはり飽きてくる。うっかりすると、一週間ずっと家の中にいたりする。今週は、一日一度は外気に当たると決心。今日は、3キロほど先の馬たちを見に行ってきた。放牧されている約20頭の馬の何頭かは、馬着を着せられていた。これは近づいてきた一頭。草をむしって地面に置いてや...

牛乳のような水道水

ウチの水道水は、ドイツ、あるいは欧州でもとびぬけて硬度が高いらしい。(義母談)なので、水回りの手入れは困難を極める。数日、あるいは運が悪いと、1度のシャワーの使用でこんな風に白くなる。まるで、牛乳をぶちまけたようだな。牛乳を浴室にスプレーして比較してみようと思ったくらいだ。これを簡単に取るには酢が効果的で、清掃用の酢が安く売られている。水回り用ティンクル お酢のチカラ シンク 水垢落とし スプレー 300...

とうとう夫がケーキ攻めに音を上げ始めた

週末の義母ケーキ。最近は規則正しく、土曜と日曜日に焼く。平日も何度か焼いている。義母の妹の嫁ぎ先の同居の姑は、毎日焼いて、午後には来客が来たのだそう。なので、義母のケーキの焼き方頻度は、狂っているほどでもない、と言える。だが、週末にしか食べない夫が今日の義母の「ケーキ食べなさい!」の呼びかけに「またかよっ」と苛立たしそうにつぶやいたのだ。私はとっくに義母のケーキに疲れていたが、夫もそうであることを...

外国の台所の様子を観察するゲーム

人気ゲーム「ラストオブアス」に出てきた一般家庭の台所の様子。「凶暴な感染者や無法者のハンターが蔓延る危険地帯になっており、かつて人類が暮らしていた都市や町は荒廃しきっていた」(ウィキペディアより)という内容なので、どこの家もすでに誰も住んでいなくて荒れ放題になっている。アメリカの台所って、こんななのねー、って見入ってしまった。矢印の道具は、粉を練ったりするものかな?小さなシンクが二つ並んでいる。こ...

屋外活動は大切なことを思い知らされる

玄関先でちょっと挨拶だけ、と思って呼び鈴を押した。A子さんも長い外出自粛生活で疲れていた様子。連絡なしに来た私の訪問にひどく喜んだ。「これから公園へピクニックに行きましょう」彼女が準備している間、庭で待っていることになった。日本だったらコストコで販売されていそうな遊具。これは体重80キロまでだそうだ。トランポリン セーフティネット付き 安心安全 静音 家庭用 (直径:140cm) 室内・屋外遊具 収納便利 耐荷重...

義両親とほとんど常に一緒の半年間

あまりにも家を出ない生活が続くので、ブログ記事の内容が偏っているのではないか、と心配になってくる。建築の様子は、コロナがあろうとなかろうと、こうして掲載しているだろう。地下室に蓋がされた。いや、ふたじゃあないか。1階の床ができたんだ。毎週木曜日は食材の買い出し日。こうした機会がないと、外に出ないものね。義両親についていく。スーパーの白アスパラガス。ああ、値段を見るのを忘れた。ウチじゃあ、買ったこと...

ドイツでもバンバンプラスチック容器が使われている

当然のことだが、ドイツでもいまだに大量のプラスチック容器が使い捨てにされている。帰りが深夜になる夫が、事務所での食事の様子を送ってきた。スーパーのサラダだろうな。プラスチック容器に、プラスチックのフォークが添えられている。夫はできることなら、生涯を使い捨て容器で暮らしたいと考えるほうだ。洗う手間や衛生面を考えるとそのほうがお得、って思うみたい。ドイツ人もいろいろなんだ。スーパー各社が出している、プ...