FC2ブログ

エレガントなロングスカートに頭巾、でも若いうちだけ。

前を歩いていた三人の頭巾姿の女性。ドイツにはさまざまな頭巾女性がいるが、私の知識・経験・感覚によると、この三人はここで生まれ育ったトルコ人家庭の2世か三世。母語ではないけれど、ドイツ語を流暢に操る。交友関係は食べ物・飲酒の関係からどうしても同国出身の親をもつ人とばかりになってしまうのか。真ん中の女の子が歩くときに翻すロングスカートのすそがエレガントに感じて撮影させてもらった。細身の彼女らも、数十年...

稼ぎ方はさまざま、と考えれば彼らの努力は素晴らしい

店番中に杖をついた60歳くらいの男性が入ってきた。身なりが貧しげとか、やせこけているとか、酒臭いとか、そんな印象はなかったが、手に何かも字が書いてあるのを見て私は警戒した。案の定、彼は物乞いだった。何度もこんな経験をしている。今回の物乞いのもつ紙片は、きちんとラミネート加工されていて、書かれている文章は相変わらずへたくそなドイツ語だがパソコンで製作、印刷しているようすだった。「私は病気、家は浸水でな...

親しくしている中国人が1月に旅行した先は台湾だった幸運

何気なく置かれていたこの品にちょいと驚いた。すぐに「日本的な物資でも周辺国に似たようなものが存在することが多い」という法則を思い出した。検索すると東アジア、東南アジア各地にあるようだ。これには香港と印字されているが、彼女は香港出身ではない。12月下旬に会ったときは「年末年始は中国の家族と台湾旅行をするの」と嬉しそうにしていた。暖かい場所で年末年始っていいな、と私は彼女に言った。そのひと月後に例の病気...

アフガニスタン人もケーキが上手

近所のイラン育ちアフガニスタン人女性が焼くケーキはおいしい。見た目はたいして美しくないこれ、スポンジが素晴らしかった。きめが細かでしっとりしているんだ。材料の違いなのかと思い、尋ねてみたが義母が普段使っているものと大差なし。「ダンナに生クリームを買って来るように頼んだのだけれど、似たようなほかの製品を買ってきちゃってね」と、何度も弁解していたが、クリーム無しでも充分おいしかった。代わりに使ったカス...

努力する難民たちの姿

ウクライナ人難民G子さんに頼まれた。「息子(10歳)が水泳教室に通うのにタオルが必要なの。りすさんちで使っていないタオルがあったらくれないかしら」しばしばG子さんには物資の提供を求められている。難民にもいろいろいて、すでに豪奢に暮しているウチの近所のアフガニスタン人一家(旦那さんがきちんとした職場に就職)もいれば、G子さんのように、息子と二人で狭くて不自由で、公共交通機関もろくにないような場所にある難...