FC2ブログ

プラスチックごみはいつも山

曇った日のインゴルシュタット旧市街。幾度もの戦争のたびに元通りに建てなおされた部分。冬の暗い日に見ると、雰囲気が侘しくてよろしい。Ingolstadt is Calling and I Must Go: Best Journal For You or for Your Lovely Friend ? Perfect Gift for Every Type of Travel Lover: Blank Lined Notebook 6" x 9", 100 Pages新品価格¥1,088から(2021/3/9 17:16時点)そういう風情のあるところから、わずか数キロ離れた住宅街ではプ...

自宅勤務ではなく、普通に出勤して働いている人も大勢いることを忘れてはならない

すでに5,6年の付き合いがある、両親がセルビアからの難民のここで生まれ育った30歳代の女性。彼女から久しぶりに連絡があった。長いこと数か月ごとにあちこちに転職してばかりいて、それで本人はまったく気にしていないようだったが、私はちょっと心配していた。ここ1年は、同じスーパーで働き続けている、って書いてくれたのでほっとした。「私には自宅勤務は関係なく、ずっと忙しく働いています」とも主張していた。衣類店...

ちゃんと世の中を見ていない私

今、閉鎖中のボランティア活動。主催者の下で代表を務めるB夫人から連絡がきた。コーヒーの差し入れがあるので取りに来いと。普段ならそのためにわざわざ時間と交通費をかけて街中まで行くことなどしない。ずっと家の中にいる生活が続いているので、散歩がてら、行ってみることにした。テーブルに置かれたコーヒー豆。白いシールには産地とボランティア団体名などが印刷されている。茶色の袋の後ろ側には、隣のカフェの名前が入っ...

ドイツの一般家庭の軽油保存

二週間ほど前、義両親たちが奥から取り出してた物質。素人目には暖房用燃料を保存しておくもの、って思っていた。高さ約150センチ。数百リットルはいりそうな。念のために、義母に尋ねてみた。「軽油が入っていたのよ」えええ?自動車燃料!?ウチは農家ではないので農耕用の作業車両はなく、乗用車しか保有したことがないはずだ。乗用車用軽油をこんなに大量に一般家庭が保存しておいてよかったのか?ガソリン オイル 灯油 ホ...

汚いバスは貧しい地域への運航をするらしい

この画像ではかなりきれいげに見える。私が座ったバスの座席の向かい合った前の部分。実際は、古びていて、汚れや破損がひどい。学校などが外出自粛の影響で隔日投稿や完全なネットによる遠隔授業をしている。通う必要がないので、バスの乗客が少ない。普段、子供たちが乗り降りすると、非情に汚くなる。日本では考えれらないだろうな。ところが。このバス会社のバスを10年以上利用している私、他の面も知っている。インゴルシュ...