FC2ブログ

使い捨てマスクを洗って再利用

日本の日本人にはできないかも・・・・って書いてみたけれど、紙おむつが買えなくて洗って使っていた、という記事を読んだことがあるのを思い出した。紙おむつの再利用より多少、受け入れ易い使い捨てマスク再利用。石鹸とブラシを使ってファンデーションを落とし、薄めた漂白剤にしばらく浸してすすいだ。私には完璧。まだまだ充分使用可能のような印象だ。さあ、何回使えるかな。こんな使い方をしていたら、第二派辺りでやられて...

そのうち、穴のあいた肌着も平気になると思う、うん、節約節制の毎日

義両親たちの肌着にはほぼ全部穴や生地の薄くなった部分がある洗濯物をたたんでいると、だんだん陰鬱な気分になるってくる。節制した生活がまだきわまっていない証拠だな、と自覚して戒める。義両親の肌着は本当にぼろぼろで、どうしてこんななのだろうといつも不思議に思う。画像は、比較的程度のいい義父のシャツ。穴は丁寧にかがられ、これ以上大きくなることはない。他の細かい部分も、義母が丹念に目を通して繕っているようだ...

節約食卓は七割がた炭水化物で、少量の肉と野菜。そして、なぜかケーキ!?

自家栽培の菊芋。リンゴとともに細かく切って混ぜたサラダ。これを食べるとガスが出やすくなるので外出の予定のある日には食べないっ義母が前日から解凍していた肉。鶏胸肉。これ一枚で四人分のカレーを作るんだ。ウチはドイツ人平均の数分の一しか肉を消費していないと思う。ウチが一番消費するのは炭水化物。炭水化物でおなかを一杯にし、その後にケーキを食べる。今の食べ方の流行とは真逆だよな。炭水化物ばかりを摂取するのは...

思考が現実になるのはいいのだけれどぉ~

近所の台湾人K子さんは地元大企業A社勤務、旦那さんと二人でかなり大きな住まいに暮している。太った、という理由でこれまでもかなりの量の彼女の衣類をもらっている。身長は私と同じくらいだ。太ってきているように見えないが、以前はガリガリに痩せていたのだろう。今回、回ってきた彼女の着古した衣類のなかで気に入ったのはこれだ。パーカー。私はこれまでパーカーを買ったことがない。特に、この品のように胸にいろいろ張り...

この特別な事態だからやってみたくなった実験か。

店頭に並びにくくなっていた(今、これを書いている瞬間ではどうなっているか知らない)小麦粉2種。左は39セント(約50円)右は1.49ユーロ(約200円)、どちらも1キロ入り。いつもは左の品を買う義母だけれど、先週の買い物では右のものしかなかったので一袋買い物籠に入れていた。私は驚いて「買うんですか!」と叫んでしまった。4倍もするこの高級品と、いつもの普及品はどのように違うのか調べてみたくなった。義...