fc2ブログ

起床は楽勝なドイツ生活(日本でも楽勝だった変人私)

クリスマス・年末年始期間に行ってみた博物館での展示物。大昔は花嫁衣装が黒だった驚異。検索すると、現在の日本でも黒のウエディングドレスは存在するようなので、驚いてはいけないと思った。[Yindaity] ウエディングドレス カラー オフショルダー 赤 黒 カラードレス バックリボン マーメイド 演奏会 ロングドレス ピアノ 発表会 ドレス プリンセスライン 司会 ステージ衣装 大きいサイズ 舞台衣装 結婚式 披露宴 二次会 花嫁(...

クリスマスは1月6日まで

1月4日、義両親たちと義母の妹宅を訪問。ウチとはまた違ったクリスマスツリーの飾り方にしばし見とれた。左の薪ストーブ放熱部分も古めかしいデザインでよろしい。家屋全体も5,60年ほど前の人気建築なので、程よくドイツのいい部分を残している。ただし、オーブンは新しい型のようで、義母の妹は「いまだに操作の方法を把握しきっていないのよ」と言いながら、焼きあがったパンを取り出した。今までに見たことがない大きさだ...

花火禁止令を出してほしい

おおざっぱに言って、日本以外の国々では新年の迎え方が激しい。テレビ放送での秒読みと同時に私たち一家も炭酸入りワイン(なんて言ったらいいのか知らない)を片手にしている。【100年の歴史ある甘口ドイツワイン】 マドンナ ゼクト [ スパークリングワイン 中辛口 ドイツ 750ml ]新品価格¥1,408から(2024/1/1 17:41時点)👆広告。ふむ、日本語でスパークリングワインって言うんだな。秒針が12を指すと同時にテレビでもウチ周辺...

花火で迎える新年は春節風

12月最終週には家庭用の花火をスーパー各社が売り出しをする。とても家庭用とは思えない大きさのものが売られている。実際、かなりの迫力だ。ティーンエイジャーから20歳代くらいの人たちが大量に買い込んでいるのを見かける。深夜に新年が明けたと同時に一斉に花火を空に向かって、あるいは新年に向かってぶちかますのがドイツ流、あるいは欧米流(南米も含む)だ。そういえば、春節も爆竹で新年を祝うので、日本だけが伝統的...

昔のドイツのイメージは室内30度暖房

大昔に日本で読んだドイツ生活の記事や書籍で得た知識。「ドイツの冬は半そでシャツで過ごせます」室温30度が普通で、暑すぎで換気を頻繁にしなくてはならないとか、冬場にもアイスクリームが売れるのはそのせいだとも書かれていたような。もちろん、その後に日本下げ記述が続いていた。「日本の暖房設備は貧しい」実際に生活してみると、そうした暖房をしている家庭はごくわずかで、特に去年からのエネルギー高騰からは暖房を控...