FC2ブログ

クリスマス準備完了

12月23日。地下室に並んだクッキー缶。お。靴箱もあるぞ・・・使っていない新しい靴だったとしても、その中に食べ物を入れるのは日本で育った日本人には抵抗がある。すでにほとんどなくなっている缶もある。がんばって食べているものね、私。シュトーレンが嫌いな夫のために、義母は網パンを焼いた。これは普通は復活祭の食卓に上るものだ。焼きたては非常においしいが、一気にこんな量を焼くので、必然的に冷凍保存をする。解...

義母のシュトーレン

クッキーと違い、義母はシュトーレンをクリスマスイブの数日前に焼く。数週間保存すると味が落ちるが、焼き上がりから数日寝かしておいたほうがおいしくなるからと言う理由らしい。余分に作られたこれはすぐに食べてよろしい。今回のは例年と違ってちょっと焼き上がりの色が濃い。市販のはレーズンがたくさん入っているけれど、義母は息子(私の夫)のためにレーズンを抜いている。もちろん手作りは何でも市販品よりおいしい。すで...

クリスマスツリーを手に入れた

ウチのクリスマスの準備はクッキー作りから始まる。何日のかけて焼いている間に、室内のあちこちにそれらしい飾りを飾ったりする。それからクリスマスツリーを手に入れる。親族が林業農家なので、たいてい毎年、そこでもらう。専門の店が多く立ち並んでいるのを見る。そこの商品のように立派ではない。葉がスカスカ。持ち帰りの方法も、店ほど洗練されていなくて、ごみ袋に入れる。後部座席に置いたら、先端部分は運転席まで届いた...

パーティもクリスマスマーケットも何もない今年の12月

昨日、カレンダーを調べてたまげた。明日の日曜日はすでに待降節1日目じゃあないか。待降節のような、「もういくつ寝るとお正月♫」的イベントは暗くて寒い日々と上手にやり過ごす北国の知恵だな。よく、北欧各国の生活幸福度が高いという記事を目にする。冬の長さや天候の悪さに耐えられる人々が幸福に感じるのだろうな、ってちょいと思っている私。下は一昨日撮影。午後4時ごろだった。一日中こんな感じ。こんな天気に子供の頃...

2020年クリスマスクッキーづくり初日

24日に義母からいよいよクッキーづくりの開始を宣言され、25日に決行が決まった。戦闘服を整えた。ばっちりだな。三角巾 シンプル 無地 大人用 男女兼用 カフェ 業務用 料理教室 調理実習 清掃 美容院 マジックテープ付き 簡単に取り付ける 全6色 (コーヒー, 1)新品価格¥930から(2020/11/26 17:53時点)抜け毛が多いので、頭巾をしてみた。クッキーから毛が出てくるのは気持ち悪い。主役は義母。私は指示に従うのみ。数えてみ...