FC2ブログ

この冬最後の寒さを散歩する

週末も朝4時に目を覚まし、インド風ミルクティーを飲み、黒米入りご飯を炊く私。もう少し寝ないと、また具合悪くなってゲロゲロするぞ、って心配をしながらだ。今朝は、おそらくこの冬最後の寒さと予想し、その寒気を楽しもうと、日の出とともに森に出かけた。目の前の畑のいい感じ。外気温氷点下12度。頬、鼻、口を覆わないとちょっとつらいので、今じゃあすっかりつけてても普通のマスクをした。森は雪に覆われるといつもと違...

セントラルヒーティングがドイツ田舎に広まったのは1960代以降のウチ周辺

義母が久しぶりに天候について褒めたこのシーン。そのあと、すぐにぶつぶつと寒い気候について不満を言い始めたから笑ってしまう。多くの高齢者同様に義母も昔話が好きだ。「私が子供の頃は寝室に暖房はなくて、冬中、石の壁は氷で覆われていたものよ」室内の壁に氷がはっていたらしい。それは凄い話だ。寒い気候の地域は、太古の昔から寒さ対策に長けていて、家の中は暖かいんだ、って思って予想していたのは間違いだった。ウチ周...

庭でお茶ができるほど暖かい日もあるドイツの一月

看護師台湾人知人が採用されたワクチン接種業務はいまだに開始されず、彼女は自宅待機、旦那さんは自宅勤務、息子さんはオンライン授業ということで平日日中、一家で家にいるという事態だった。そんなところに、借りていた台湾市場用ジブリアニメDVDを返しに行った。すぐ立ち去ろうと思ったが、「こんなに暖かいから、庭でカプチーノでも飲みましょう」ということになった。他家訪問は、1名のみ許可されているが、数十分でも他人...

寒い朝が嬉しいという感覚

氷点下5,6度の夜が明けると周囲の水たまりは固く凍る。まるで天然のスケート場だ。昔は、本当に湖が凍って、そこでスケートができたらしい。私が来てからは一度もない。気候変動はこんなところにも感じられる。雪の上には小さな足跡が無数についていた。これはウサギだそうだ。いったい、いつこの工事現場を走り回るのだろうか。ウサギは夜行性?工事現場の雪の上に食べるものなどないだろうから、単純に雪がうれしくて走り回っ...

気候変動、私もいよいよ認めざるを得ない暑い九月

以前は「地球温暖化」なんて信じなかった私九月も半ばなのに、こんな天気予報。朝の気温が22度、最高気温が28度って、真夏じゃん。以前のドイツは、9月にはかなり気温が下がっていたものだ。外出時のジャケットは必須だった。昼前に、集落の中心の薬局に行ったとき周囲の人たちの服装を見たら、サンダルにノースリーブワンピース。まるで、休暇旅行中。異様な高温、降水量の少なさに、今年の作物の出来の悪さが心配されている...